モテ度アップ♪10代、20代のナチュラルメイクのやり方はこう!

レモネスリムジンジャープレミアム,効果,噓,口コミ

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

10代20代のみなさん、今のご自分のメイクに満足されていますか?
毎日するメイクは習慣化するとあんまり意識せず、同じやり方でお化粧しがちですが、お化粧は年代や場によって、メンテナンスしていくものなんです。
メイクを変えるだけで、美人度も、モテ度も、信頼度もかわってくるものなので、メイクは女性にとってなによりもの武器。
今回はみんな会得しておくべき最強のメイク方法『ナチュラルメイク』の方法をシェアしていきます。
10代、20代のみなさんに特におすすめしたい方法なので、ぜひチェックしてくださいね♪♪

まずはスキンケアをしっかりしよう!

ナチュラルメイク,10代,20代,やり方

引用:http://u0u0.net/yxB1

なによりも大事なのはやはりスキンケアです!

デコボコだらけのキャンパスに何をぬってもそのデコボコがめだつだけで、キレイな絵がかけませんよね?

お肌だっておなじです。

肌が整っていないと、逆にメイクをすることで肌の不調が浮き彫りになり、見た目はマイナスになるなんてこともあるくらいです。

そんなの悲しいですよね?(>_<)

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液

は必ずするようにしてください。

これだけで全然肌の化粧のりがかわってきます。

 

そして毎日する化粧で一番大事なのは実はクレンジングだってしっていましたか?

『メイクに使った倍以上の時間をかけて、メイクを落とすこと』

といわれるくらい、お肌にとって、クレンジングは必要なんです。

 

実際のところ、メイクにかけた時間をそのまま同じようにクレンジングにかけるのは無理ですが、それぐらい大事ということを念頭に置いて、きれいにメイク汚れを落とすようにしてください。

洗顔は泡を立てるネットを使って、やさしいタッチで洗って下さい。

 

また、化粧水で潤ったから大丈夫~♪と乳液をしていないみなさんは要注意。。。というのも化粧水を塗ると、肌の内部から一時潤いますが、蒸発もかなり早いのが特徴。

乳液で塗り込んだ化粧水にフタをしないと、かえって乾燥したりと肌にとても悪影響なんです!

化粧水の後の乳液はちゃんとするようにしてくださいね!!

それでは実際の10代のナチュラルメイクのやり方を見ていきましょう。

 

10代のナチュラルメイクのやり方

ナチュラルメイク,10代,20代,やり方

引用:http://ur0.work/yxkk

10代のナチュラルメイクは透明感あふれる素肌を生かした薄づきメイクです!

学校でメイクがあんまり推奨されていない場合も、薄づきならバッチリです♪

ナチュラルメイクの良さは、「元から美人」感をだせるということ。

さりげなくお顔のパーツを少しずつ補正して美人度を上げることが目標です。

 

10代メイクで使うのはこれらのアイテムがおすすめです。

  • 化粧下地
  • パウダー
  • うすいブラウンのアイブロウ
  • うすいブラウンのアイシャドウ
  • 細いブラウンリキッドアイライナー、ペンシルアイライナー
  • 色付きのリップクリームかティント
  • チーク

それではやり方に移りましょう!!

 

ナチュラルメイクの詳しいやり方

ナチュラルメイクのやり方

ナチュラルメイクその①ベースメイク

ベースメイクは下地を塗って、パウダーをかるくはたいてください。

この下地とパウダーはものによって、本当にここで台無しになってしまうこともあるので、自分の肌の色にあっているものをちゃんと試して見つけるようにしてくださいね。

下地はちょっとづつ顏に乗せてなじませるようにしてください。

もしできたら、やはり日焼け止め効果のある下地を選ぶようにしてください。日焼けは今後の自分を苦しめますからね・・・

ここでチークですが、もし校則がきつめの学校でしたら、チークはやめておいた方が無難かも・・・一気に「お化粧している感」がましてしまいます。

または、オレンジ味のあるチークを頬骨のラインにすこ~し色づく感じでいれると、ナチュラルな印象になるので試してみてください。

 

ナチュラルメイクその②眉毛メイク

眉毛はじつはメイクの一番大事なポイント!

1とはいえ、がっつり眉毛メイクをしちゃうと大事な部分だからこそ、メイクがナチュラルじゃなくなってしまいます。

ナチュラルに眉毛をつくるオススメの方法は、眉尻だけ主に頑張ること。w

眉頭あたりを濃ゆくすると、ハーフっぽい眉毛にはなりますが、外人風なので、「メイクしています感」が強くでてしまいます。

また、濃いブラウンから明るいブラウンまでそろっているパウダータイプのアイブラウンがおすすめ!

自分の顔や色素に合わせてさりげなく眉毛を描くようにしてくださいね。

 

ナチュラルメイクその③アイメイク

女子にとって一番勝負なのがやっぱりアイメイクじゃないでしょうか?

しかし、ここはナチュラルメイク。

程よく抑えて、元から美人のようなメイクをする必要があります。

アイシャドウはアイブラウン同様、濃いブラウンから明るいブラウンまでそろっているものを用意して、グラデーションを作ります。

目の下の目じりにも中間色のブラウン色を乗っけて、デカ目を作ってください。

濃い色ブラウンは目のきわだけにしてくださいね。

 

そしてアイライナーはブラウン色のペンシルタイプとリキッドタイプの両方使いがおすすめ。

目の下の目じりはペンシルライナーでさりげなく大きさを延長。

上瞼はブラウン色の細めリキッドライナーで粘膜を埋め、目じりは少しだけ目の自然なカーブに合わせて延長して目の下のラインとさりげなく集合させて完成。

自然で優しい目元メイクの出来上がりです!

 

ナチュラルメイクその④リップ

リップはナチュラルメイクの場合は色付きのリップクリームが色の調整が楽でしょう。

最初はちょっと縫って、口をんぱってしたり、指で伸ばして、いろを調整してください。

より自然に口の血色を良くするには最近だと韓国のオルチャンメイクで人気がでた「ティント」もおすすめです。

少しだけちょんちょんと塗って、指でなじませれば、内から湧き出るような血色がよくってかわいらしいリップの色になるのでおすすめ。

 

20代のナチュラルメイクのやり方もチェック!!

ナチュラルメイク,10代,20代,やり方

引用:http://ur0.work/yxkk

20代のナチュラルメイクは、10代とは少し違ってきます。

これは職業や学生かどうかでも変わってきますが、今回は社会人としてのナチュラルメイクをシェアしていきますね♪

10代メイクで使うのはこれらのアイテムがおすすめです。

  • カバー力のある化粧下地、コンシーラー
  • ファンデーション
  • シャドウ
  • ハイライト
  • アイブロウ(パウダーとペンシル)
  • グラデーションブラウンのアイシャドウ
  • リキッドアイライナー、ペンシルアイライナー(ブラックとブラウン)
  • 上品な色のリップ

それではやり方に移りましょう!!

 

ナチュラルメイクその①ベースメイク

社会人としてのメイクは、「礼儀」の意味も含んできます。

ノーメイクはお客様の前に立ったり、ビジネスの場に出るには失礼という感覚です。

メイクしてるのかしてないのか?というメイクよりもちゃんとメイクしているけど、自然。というメイクが好まれます。

 

なので、10代のころより少し厚塗りしても大丈夫。だけど、これはカバー力を上げるという意味で、質感は自然な仕上がりにしましょう。

くまを隠しにはコンシーラー、堀を深くするためにノーズシャドウをいれたり、鼻筋や頬骨にはハイライトもいれて問題ありません。(あくまでも自然に)

チークも入れて大丈夫ですが、ここの位置はやはり頬骨のあたりにしましょう。

10代のかわいいメイクでは頬にチークをいれてもいいですが、20代のナチュラルメイクでは、健康的ではつらつとした印象を与えるオレンジチークを頬骨に入れるのがベストでしょう!

 

ナチュラルメイクその②眉毛メイク

10代のナチュラルメイクと違って、20代ではちゃんと眉毛のメイクをしていきましょう。

とはいえ、ガッツリメイクするとやっぱりナチュラルメイクとは言えないので、ブラウングラデーションのパウダーとペンシルの2つ使いで眉がしらから眉尻まで整えるようにしましょう。

ナチュラルメイクその③アイメイク

大切なアイメイク。

丁寧に仕上げたいところですが、あまり盛りすぎるとギャルっぽくなってしまいますので、20代のアイメイクは程良い抜け感を目指しましょう。

気合をいれすぎず、ぼかすのが手です。

アイシャドウもアイラインもナチュラルにするためにはブラウンがおすすめですが、20代メイクでは、アイライナーに関してはポイントでブラックもいれることをお勧めしたいです。

目じりの1/3あたりから細めのブラックライナーをいれるとナチュラルなのに、目力がアップするのでおすすめです!

是非試してみてください♪

下まぶたには涙袋に白いシャドウや明るめでパールの入ったようなベージュものを少し入れるとちょっとセクシーな目元を演出できます。

ナチュラルメイクその④リップ

10代のころより、色味や印象の強いリップをつかってしっかりとした口元を印象づけるのも手ですが、そこはナチュラルメイクなので、上品でさりげないけど、質感のよいリップを選びましょう。

おすすめはピンク系やオレンジ系で、20代になったら、すこしパール感のある色味でもいいと思います。

全体の印象にあわせて、グロスをつかったりと調整していってください。

 

最後に

ナチュラルメイクのやり方

いかがでしたか?

同じナチュラルメイクでも、場所や雰囲気、年代に合わせてメイクを変えるのが女性のたしなみです。

ナチュラルメイクのポイントは「もとから美人のように見せる格上げメイク」を意識すること。

それぞれのメイクのポイントは

  • 10代:あんまりメイクしてない風にする
  • 20代:確かにメイクしてるけど自然

という違いです。

上でご紹介した方法で試してみて、自分に合ったナチュラルメイクをみつけてくださいねヾ(≧▽≦)ノ

レモネスリムジンジャープレミアム,効果,噓,口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です